294Bros.&Co.

ギターの時間〜STILL LIFE

左のロゴクリックでHPへ飛びます。
<< iPad出た、触った! | main | ギター文化館からDVD販売のお知らせ >>
iPadの感触は・・・
・・・で、触った感触ですが、iPhoneの感動をそのまま増幅していた。これ私の実感です。さっそく「ギターの時間」最新記事を眺めてみた。見やすい。この見やすさは、老眼化が進む年輩者にはうれしい。思ってた以上にうれしい。
 案の定、バナーに仕立てていた画像はFLASHのためブロックされていたが(画面右上)。

iPadたて
 その他、基本的な操作感、操作方法ともiPhoneといっしょ。テレビでよく紹介している本のページめくりもiPhoneといっしょ。プラスαのコンテンツであれば、それプラス音声、他の画像へのリンクなどなどがフィーチャーされてくる。しかし、これらの動作、大型化している画面で見ると、いい。すごく、いい。
 問題は、これが紙の本に変わるか?出版はどうなる?とかいうことに、もはやあまり感心は、ない。むしろ既存コンテンツがどう見えるか? FLASHが使えないことによる画面表現の制限がどういうふうにあらわれるか? そっちのほうが心配というか懸案だ。

 で、じつは、お金をかけられる会社のコンテンツは、すぐにゴージャスにいろいろ装うだろう。そしてそこに目を奪われる。それは間違いないし、そこにお金が動くだろう。でもそれは昨今ファッション/アクセサリー系企業の広告媒体としての雑誌しか目立たず、残ってきていないことと似て、雑誌とか出版が本来持っていた、というか昔持っていた表現への情熱とは、どうも縁が薄い。個人的にはそう思う。強くそう思う。
 そこに狙い目がある。戦争直後から脈々と継がれつつ育ってきた「雑誌の生命力」が復権する余地が残されていると思う。

 そのために必要なことは? とりあえずiPadを入手すること。ああ、ネットでアップルストアに注文せず、この日を待てば良かった。手元にくるのはいつ?6月?
| 紙媒体の未来 | 14:40 | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://blog.294bros.com/trackback/1379838
トラックバック

■文部科学省発:都道府県別環境放射能水準調査結果(3月18日版ほかpdfデータ)

google避難所名簿共有サービス

各避難場所に掲示されている名簿画像がアップロードされています。
送信された画像は、Picasa ウェブアルバム(短縮URL: goo.gl/ganbare)で確認できます。 有志の手により随時画像を判読、デジタルデータ化が進行しており、googleパーソンファインダーで確認できます。
Twitter ブログパーツ
SAVE JAPAN





CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE