294Bros.&Co.

ギターの時間〜STILL LIFE

左のロゴクリックでHPへ飛びます。
<< iPad レボルーション | main | 楽譜がダウンロードできない不備を、修正 >>
iPad、手の中のハイビジョン
111111111111111111

 昨日もう1回池袋電気街へ。ビックカメラ前には昼下がり、iPad購入希望者の列がまだまだ続いていた。「予約のない方」の列には平日の午後ゆえか、だからこそか、年配の人たちの姿が目立つ。
 iPhoneが携帯専用ゲーム不要、携帯よりわかりやすいことからだと思うが、より上の世代に受けていることを考えると、そのひとたちが「もっと目に優しそうな」つまりビッグiPhone〜大画面に期待している構図がくっきり見える。
 しかも、店頭で触ってみると、パソコンの難しさがない。
 パソコンの難しさがない上に、これが、きれいだ。

 発売日は、触ったことの興奮が指先に残り、そこに興奮していた。翌日触ってみてすぐに気がついたのは、見慣れた自分のサイトが、これまで感じたどの画面よりもウツクシイことだった。これはたまげた。改めてたまげた。

 YOUTUBEにアップしている同志社大学マンドリンクラブの動画映像もキレイ。プレイバック(ダウンロード/ストリーミング速度)のしやすさを考えて、仕上がりサイズに気を遣って制作すると、画像の解像度は落とさざるを得ず「まあまあ」の、ぎりぎり折り合いをつけたサイズ/画像であるのだが、それが、キレイ! 文字もくっきり。

 これにも驚いた。

 発色もすごい。逆に、この画面を基準に作るとどうなの?という問題も出てくるが。

 YOUTUBEの基本画面のデザインもオリジナルで、これまたこのサイズに最適に作られていて、へーー、と見入るばかり。

 そしてもうひとつ重要な事実発見。「ギターの時間」を眺めていてすぐ気がつくのは左右幅が最適化されて表示されていること。トップ画面は以前から「iPhone最適化」しているのだが、他のページもそういうふうに「ピッタリサイズ」で表示してくれる。


 なんとiPadはギターの時間に最適化して登場していたのだった!! 
うれし〜!!



 本文部分などを、「タップ」と呼ばれる、指先による画面の2度叩きするとその左右幅部分だけを拡大表示してくれる。この見やすさ、使いやすさはiPhoneと同じ。でも画面が大きい分、見やすい。でかく表示してでかすぎることを感じない。こりゃ、いいわぁ。
 ただし、米国発表前後から言われていたスクロールバーが表示しない、FLASHを表示しないというのはそのまま。
 「ARET〜3人の作曲家たち」のページでmp3再生用にボタンを2種類つけているが、FLASH動画を使った再生バーは、ただの空欄と化している。

 このへんを気にしてページ制作する必要はあるが、iPadから見える「紙媒体に替わる」「新しい出版」スタイルの未来も、はっきり見える。

 わけがわからないプログラムの課題、壁は、日曜プログラマには相変わらず低いわけではないが、門戸は開かれている。すごい世界が広がっていることを実感する。

 あ、問題がもうひとつある。iPadが手元にある人は、仕事が手につかないはず。いちばんの課題だ。


 

| 紙媒体の未来 | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.294bros.com/trackback/1380319
トラックバック

■文部科学省発:都道府県別環境放射能水準調査結果(3月18日版ほかpdfデータ)

google避難所名簿共有サービス

各避難場所に掲示されている名簿画像がアップロードされています。
送信された画像は、Picasa ウェブアルバム(短縮URL: goo.gl/ganbare)で確認できます。 有志の手により随時画像を判読、デジタルデータ化が進行しており、googleパーソンファインダーで確認できます。
Twitter ブログパーツ
SAVE JAPAN





CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE